日本洗浄士協会

洗浄士さんの
カンファレンスルーム

キレイにすること。修復すること。
に情熱を持ち続ける洗浄士さんたち。

ひとつのテーマに添って語っていただきます。
テーマとなる品物が専門の洗浄士さんはプロとしての意見を、テーマとなる品物が専門外の洗浄士さんはユーザーさんの気持ちになったり、別の切り口からメンテナンスを捉えたり・・・洗浄士さんが語りあうことで楽しい化学反応がおきるかも!!!

12月のカンファレンス
キレイな靴で新年を迎えよう!

気づけば12月。私はあっという間に感じた一年でした。 年始からは気持ちよくスタートを切りたいものですね! 仕事始めといえば掃除をしたり、財布を新しいものに変えたり、下着を変えたり、身の回りの物を新しくする人も多いのではないでしょうか。 そんな中、靴が臭い!なんて事ありませんか?

革靴のプロの洗い方・・でも季節を考えて

すでにご存知の方も多いかもしれませんが、革靴は洗っていいんです!
しかし、乾かし方や気温。などを間違えると大変なことになります。

今回はプロが教える!革靴の洗い方。をお伝えしたいと思います。
まず革靴(ツヤ革)の洗い方について説明します。
まず準備するものは、靴磨きセット(ブラシ・汚れ落とし・シュークリーム・布)、ブラシ(歯ブラシスポンジでも可)、サドルソープなど革靴用の洗剤もしくはボディーソープ(アルカリ性)、タオルがあれば十分です。

それではやり方です。

1.ブラッシング→ホコリなどの大きな汚れを落とす。

2.棒状のものに布を巻きつけて、つま先の部分に詰まった靴下の繊維からなるホコリを掻き出す。

3.流水で全体を濡らす。

4.ブラシに洗剤(サドルソープ、ボディーソープなど)をつけ、泡立てながら靴の外と中を洗う。

5.すすぐ

6.風通しの良い、日陰で干す

7.靴が8〜9割乾いたところで、シュズキーパーをし、シュークリームを塗布する。
臭いが取れない場合は、4番を2〜3回繰り返す。それでも取れない場合もあります。
靴の丸洗いはプロがしても完全に取れない場合もあります。

12月は靴洗いではなく靴磨きがお勧め

靴の洗い方をご説明しましたが、12月にする靴の丸洗いはあまりオススメできません。
なぜなら、気温が低く、乾きにくいためシミや縮みが出てしまいやすくなるためです。

丸洗いをオススメするシーズンは春秋です。
なので、12月。新しい年を迎えるにあたって始めにするべきは、まず、靴磨きです。

靴磨きは簡単です。

1.馬毛ブラシでホコリや大きい汚れを落とします。

2.汚れ落としで前回塗ったシュークリームなどを拭き取る。

3.シュークリームを塗り込む。

4.豚毛ブラシで毛穴に埋め込んでいくイメージでブラッシングしていく。

5.布で吹き上げてケアは完了です。

6.最後はワックスと少量の水で好みの輝きが出るまで磨き上げる。

以上で靴磨きは完了です。
綺麗な状態でスタートを切ればいい一年になるような気がすると思います。ガシガシ履いて、ガンガン磨きましょう^_^。

スニーカー洗いは太陽光がポイント

あと、スニーカーなど布や化学繊維は濡れたまま日陰干しすると細菌が残ったままに
生乾きして匂いが余計にきつくなるのできちんと太陽光に当てて下さい。

このようにすれば革靴の匂いを落とすことができます。

語り:靴メンテナンス・森(あらき修福堂)

靴磨きについて
洗浄士さんからの質問

洗浄のプロが、いろんな切り口で洗浄のプロに質問!
洗浄士さんのカンファレンスルーム


洗い方1のブラッシングについてです。何も塗布されてない状態にするということは、ブラッシングで何を取り除くのですか?また、 掻き出す? 吸い取る? ブラッシングの効能にとても興味があります!

質問者

ブラッシングでできることはホコリなどの大きな汚れを落とすことです。

馬毛ブラシと豚毛ブラシは、分けて使わないといけないのですか?
私の家にはブラシがないので、それが普通なのですか?

質問者

馬毛、豚毛でしないといけないわけではありません。
馬毛(毛が長く柔らかい)、豚毛(毛が短く硬い)という特徴があります。
なので、ホコリを払うには馬毛が適しており、クリームを伸ばすのは豚毛が適しているのです。

革靴を乾かすときドライヤーは使用しないのですか?
ちなみに、時計は金属製品ですので錆びないように早く乾かすのが鉄則です。

質問者

ドライヤーはあまり使わないで欲しいのですが、中敷き部分は当てても大丈夫です。

裏ノウハウですが、靴やバッグをタオルで巻いて、ゴミ袋などの大きめのナイロン袋を用意して真ん中付近に置きます。
木などの台に乗せるとなお良いです。ドライヤーの吹き出し口を紙で円筒状に包みナイロン袋が熱で溶けないようにします。
ドライヤーの吹き出し口を縛り、ナイロンの向かい側に直結4mm程度の穴を2〜3個開け風の逃げ穴を作ります。
ドライヤー中温で温めて行けばナイロン内の温度が約70度以内位まで上げても大丈夫ですが、7〜8分で止めてください。
ナイロン袋内が60度くらいだと革表面は、50度以内なので早く乾きます。

シューズキーパーは家庭にあるものでは代用できないですか?
ネットでみたら、結構高いと思ってしまいました。

質問者

シューズキーパーはプラスチックの200円のものや紙などを丸めて2.3ごボールを作り、これを入れても構いません。
高い木製のものにはそれなりの効果(汗などの湿気を吸収してくれたり、調整が楽であったりなど)があります。

(C)Copyright 日本洗浄士協会 All Rights Reserved.


TOP