福岡のクリーニングのプロが設立した日本洗浄士協会が運営する、行列のできる「キレイ」相談所です。

プロフェッショナルVol.1~『浄美堂』恵良健一~

仏壇

 

「行列のできる『キレイ』相談所」編集部が、『洗浄のプロフェッショナル』を紹介するコラム第一回目。今回の特集は、太宰府市に工房を構え、仏壇の洗浄・修復をおこなう株式会社『浄美堂』の恵良健一氏です。

—————————————————————-

 

■一期一会の仕事に込める伝統の技

 

代々大切にされてきた仏壇を、買ったばかりの頃のように美しく蘇らせる。その卓越した技術が評判を呼び、九州各地からの依頼が耐えない仏壇洗浄のプロフェッショナルが、『浄美堂』代表取締役の恵良健一さんだ。現在は一般家庭の仏壇洗浄のみならず、寺院の内装修復までを手掛けるなど、その活躍のフィールドを広げ続けているところ。数百年もの歴史と伝統を誇る寺院から厚い信頼を寄せられているという事実からも、いかにその技が洗練されているかが伺える。

 

だが、恵良さんが仏壇洗浄を生業(なりわい)とし始めたのはわずか8年前。それまでは、大手ビルメンテナンスの会社に勤務し、九州エリアを統括する責任者まで務めたという。大学を卒業してから35年間も勤続した会社を早期退職し、仏壇洗浄をしようと決意した理由は、両親が営んでいた仏壇店を幼少の頃に手伝っていた頃の思い出が忘れられなかったから。そこで、ビルメンテナンスの考え方やノウハウを、仏壇に置き換えたビジネスを展開しようと考えたのだ。

 

創業から恵良さんが手掛けてきた洗浄・修復は、寺院や仏像までを含めると500件を超える。評判が評判を呼び、これほどまでの実績を積み重ねることができたのは、ひとえにその誠実な人柄と仕上がりに対する並々ならぬこだわりがあるからだと言えるだろう。痛んでいないところはきれいにしてそのまま生かし、損傷のある部分は修復する。それが、恵良さんの基本姿勢だ。高価な金箔を箔押して修理するのは、必要なところだけ。そのため、古い仏壇を新品のように蘇らせても、買い替えの三分の一ほどの価格で抑えられるという。そして、一度この仏壇洗浄をすれば、30年から50年ほどは美しい状態を維持することができるのだ。

 

顧客が仏壇洗浄を依頼するのは、一世代に一度きり。だが、恵良さんはこの一期一会の出会いを、心から楽しんでいるように見える。実家で仏壇の配達を手伝っていた頃、恵良さんはたくさんの顧客から「ありがとう」と声をかけられ、幼いながらに働くことの喜びを知った。仏壇を美しく蘇らせることで、人々の心の片隅に引っかかっていた何かを、きっとこの仕事ではきれいに取り除くことができる。そこから生まれる、感謝の気持ちを受け取ること。それが、今の恵良さんにとっては、何にも代え難い“生き甲斐”なのではないだろうか。

 


福岡のクリーニングのプロが設立した日本洗浄士協会[洗浄士協会の記事を読む]
プロフェッショナルVol.1~『浄美堂』恵良健一~クリア
目指せ!SENJOUSHI きれいずキッズプロジェクト
きれいずキッズ動画
イクメンプロジェクト
新生活産業くらぶFUKUOKA
循環型社会サポートサイト「e-未来くるくる」

▲ページトップへ