福岡のクリーニングのプロが設立した日本洗浄士協会が運営する、行列のできる「キレイ」相談所です。

時計だって 洗ってほしい・・でも防水性は?

 

直接、肌につけるものなのに時計クリーニングを習慣にされている方はまだまだ少数です。

時計は意外と汚れています

放っておくとサビの原因になったり時計のトラブルの引き金になったりします。

 

 

◇防水だからと過信しないで

 

防水性の優れた時計だからと水道でジャブジャブ洗っていませんか?

購入したばかりの新しい時計でしたら問題ない場合もあるようですが

購入後数年経過した時計は、

裏ブタのゴムパッキンの劣化やリューズ(時間を合わせるネジ)の

ゴムパッキンの劣化により防水性が失われてしまいます。

 

この状態で使用を続けると

防水性の高いダイバーズの腕時計でも

水道から出る水圧程度で内部に水が侵入してしまいます。

 

下の写真は防水性をうたった 誰もが知っている有名なブランドの時計ですが

裏ブタを開けると 汗や汚れが裏ブタの内側に

侵入しているのがおわかりいただけると思います。

 

 

時計を洗うことは必要ですが

中に機械(ムーブメント)が入ったままの状態で洗うことは

非常に危険です!!

時計クリーニングでは もちろんムーブメントを取り出してから時計を洗います

 

 

 


関連キーワード:
圧倒的な修理件数から導かれた新しい常識。それは時計の外装クリーニングです。[この洗浄士の記事を読む]
時計だって 洗ってほしい・・でも防水性は?クリア
目指せ!SENJOUSHI きれいずキッズプロジェクト
きれいずキッズ動画
イクメンプロジェクト
新生活産業くらぶFUKUOKA

▲ページトップへ